沖縄旅行ではネオパークオキナワでシーズンオフでもお得に

SITEMAP

Okinawa Trip

沖縄旅行の穴場、ネオパークオキナワ

ハートロック

サンシティのカラコン通販は多くの女性に人気です!種類が豊富ですので、満足できるものを手に入れることができます!


沖縄旅行は日本にいながら海外のような南国気分を手軽に味わえる旅行として人気ですが、人気ゆえにどこに行っても人がたくさんでゆっくりと観光できない事もしばしばあります。そこで沖縄旅行の時には行くべき穴場スポットをご紹介します。
【名護 ネオパークオキナワ】このスポットは名護の中心部からもほど近く、車であればアクセス良好です。沖縄旅行ならレンタカーを利用しましょう。園内はアフリカやアマゾンにいるような熱帯地域の動物から絶滅危惧種に指定されている、リュウキュウヤマガメまで幅広くいます。背中に乗って撮影できるゾウガメやミニブタなど身近な動物もいます。他には園内に蒸気機関車が走っており、機関車に乗りながら園内を散策する事もできます。
【気になる込み具合は?】とある祝日を挟んだ3連休の時の旅行でしたが、パーク内のお客さんはちらほらという感じでかなりのんびりと観光出来ました。前日美ら海水族館に行きましたが、大水槽の前は人の行列が出来ていてかなり混雑していました。人混みが嫌いな人や、小さなお子様連れの家族におすすめです。
【自然のままの動物を見る事が出来る】普通動物園でならおりに入った動物を外から人間が見るという感じですが、ネオパークは動物は放し飼いにしてパークを柵で囲っている状態なのです。もちろん放し飼いにして安心の動物です。パーク入り口付近で鳥のエサが購入できるのですが、エサをまくとフラミンゴたちが一斉に押し寄せてきて迫力満点ですよ。

沖縄を訪れて感じる、沖縄の魅力について

私は、1990年代に、神奈川県の逗子市にある県立の高校に通っていたのですが、修学旅行で、沖縄旅行へ行ったことがあります。その時に印象に残っていることについて、投稿します。沖縄県は、気候が温暖であることや、台風の接近が多いこと、自然が豊かであることで、有名です。
私は、沖縄旅行で、スキューバーダイビングをしたことが印象に残っています。海が透き通っていてきれいだったことが印象に残っています。また、珍しい水中の生き物を見ることができます。沖縄へ行くなら、スキューバーダイビングはお勧めです。
また、お勧めスポットとして、沖縄旅行へ行くならば、首里城がお勧めです。首里城は、中国との公益が盛んだったことや、琉球文化の中心地だったことが有名で、沖縄県の独特の文化を感じることができます。その他、沖縄本島南部の糸満市にあるひめゆりの塔では、戦争の愚かさと、命の大切さについて、多くの慰霊碑を通じて、再確認することができるので是非訪れて欲しい観光スポットといえます。
沖縄の街は、電車がなく、バスでの移動となります。電車がないことは、最初は不便に感じますが、慣れてくれば、徒歩やバスでの移動は、東京の通勤のような満員電車とは無縁の為、気楽で、楽しく感じます。食事で印象に残っているのが、沖縄の郷土料理の沖縄そばです。肉うどんに似ていて、普段家庭では食べることができないので、食べて欲しい料理といえます。

沖縄旅行をオトクに楽しめるシーズンとは?

沖縄旅行のベストシーズンは「春から夏にかけて」の時期と言われています。それは飛行機やホテルといった旅の基本料金が断然安いからです。冬も安いシーズンでありますが、冬の沖縄旅行ではビーチ遊びはできません。安い料金で沖縄のビーチを楽しみたいなら、春から夏にかけての時期が最も最適なのです。
しかし、沖縄の梅雨シーズンと被ってしまう可能性があるのも事実です。沖縄の梅雨入りはGW明けごろからで6月末に梅雨明けするパターンです。
ですが、沖縄の梅雨はずっと雨が降り続いているわけではなく、晴れた日が続くこともあるので本州の梅雨とはちょっと違います。梅雨の時季と被っていても、天気に恵まれれば夏の沖縄を満喫することができるのです。わざわざ梅雨の時季に沖縄に行くなんてことをしなくても、真夏に行けば確実に楽しめるのではと思う人もいますが、沖縄の夏はトップシーズンであるのと同時に台風のトップシーズンでもあるのです。つまり、いつ台風がきてもおかしくないですし、トップシーズンなので値段も高いです。なので、真夏の沖縄旅行はリスクが高い時期と言えます。
よって、梅雨と被っていたとしてもお得な料金で沖縄旅行を楽しめる春から夏にかけての時期は、狙い目だと言えます。


カメオカでウィンドブレーカーを手に入れませか?質のいいものばかりで、着心地もいいので、ウィンドブレーカーをお探しの方は活用してみましょう!